フィンジアは効果なし?体験者の口コミと私のレビューで徹底検証!

皆さんは「フィンジア」というものをご存知でしょうか。フィンジアは今大注目の育毛剤です。あまりの人気ぶりで、入手困難なこともしばしばあります。

フィンジアの主成分による効果については、臨床試験で確かな数字が出ています。絶対的な信頼があるので、安心して使用することができます。

これからその効果と副作用について、詳しく説明していきます。

フィンジアの2つの物質とその効果

フィンジアは主に2つの物質から構成されています。キャピシルとピディオキシジルです。これらの2つは専門的に効果が確認されているのです。

その効果とはそれぞれどのようなものなのかを、詳しく紹介していきます。

キャピキシルとは

キャピキシルとは、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチドから成り立っています。

これら2つの成分が組み合わさってできているのがキャピキシルなので、その作用も2つが組み合わさったものが複合的に現れます。

まず、アカツメクサ花エキスにはビオカニンAと呼ばれるものが含まれています。ビオカニンAとは、大豆などに含まれるイソフラボンの一つで、AGA(Androgenetic Alopecia、男性型脱毛症)の主な原因であるDHT(ジヒドロテストステロン、抜け毛を促進させるホルモン)を構成する5αリダクターゼの促進を抑えることに役立ちます。

次に、アセチルテトラペプチドとは、一般的によく知られているアミノ酸の結合体です。頭皮の毛根の周辺にある細胞を再生・維持させて、さらに髪の毛を作る毛乳頭や毛母細胞を活発に働かせます。また、髪の毛自体を成長させる育毛効果としても期待があります。

以上をまとめると、これらより、キャピキシルはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチドの2つの物質によって①抜け毛を抑えること②髪の毛を伸ばすこと、という二つの作用に期待が持てるということがわかります。

キャピキシルの効果の確証

では、なぜキャピキシルが確実に育毛に作用すると言い切れるのでしょうか。

それは、キャピキシルが製造されたカナダの化粧品会社ルーカスマイヤーコスメティック社が、キャピキシルにどんな効用があるのかを実験して発表しているからです。
参考元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23449130

実験はいくつか行われましたが、その中からわかりやすいものを一つだけご紹介します。
これは髪の毛が薄い男性の15人を対象に、4ヶ月間キャピキシルを投薬し、その髪質の変化を調するという内容の実験です。

あるグループにはキャピキシルを、もう一方のグループには比較のためにプラセボ(偽薬)を投与しました。

その結果、成長期(髪が成長する時期)の髪の毛の本数が4ヶ月前と比較して13%も増えたのです。さらに、休止期(髪の毛が抜けずに待っている時期)の髪の毛の本数が29%も減ったことも明らかになってます。

この結果から、キャピキシルには抜け毛を減らし、さらに髪の毛を増やす効果があると明らかになったのです。しかも、その作用が現れるまでにかかった期間はたったの4ヶ月なのです。

実際に数字やグラフで示された結果を見るとキャピキシルがどれだけ素晴らしい物質なのかが一目でわかります。キャピキシルは私たちの頭皮・髪の毛に非常に有益だということは絶対です。
参考元:http://www.redenhair.com/img/cms/CAPIXYL-Techfile.pdf

ピディオキシジルとは、またその効果

ピディオキシジルも簡単にいうと育毛成分の一種ですが、キャピキシルとはまた違った効果を持っています。

ピディオキシジルは構造がとてもよく似ているミノキシジル(リアップシリーズの発毛剤の主成分)の誘導体とも呼ばれており、これは髪の毛を発育させる効果を持ちながら、副作用が起こらないように改善されたものです。

ミノキシジルのパワーアップバージョンと思って頂けたら大丈夫です。

ピディオキシジルの基本の育毛効果としては、繊維芽細胞(真皮の成分を生成する細胞)の増加を促進させることです。これによって毛母細胞や毛乳頭が活発になり、細胞が増殖します。

細胞が増えることで、休止期の髪の毛を成長期に変換させたり、髪の毛の成長期の期間を延長させることができます。このことから髪を太く長くさせ、且つ抜けてしまう毛が減ることが期待できます。

さらに、血管を大きくして血の流れを良くしてくれるので、毛根へ酸素や栄養が届きやすくなります。頭皮や毛根への期待もさらに膨らみます。
参考元:https://www.slideshare.net/Kumarorganicproducts/kopyrrol-pyrrolidinyl-diaminopyrimidine-oxide

リアップの効果や効能と非常に類似していますが、これはあくまで作用のことなので、医薬品のミノキシジルと同じように発毛効果があるわけではありません。

ピディオキシジルの効果の確証

ピディオキシジルも、キャピキシルと同様に、その効果についての実験が行われました。
参考元:https://www.calvizie.net/triaminodil/

1つを紹介します。イタリアのジェノバにあるGaslini研究所では30人中21人、ローマの病院では40人中17人に実際に育毛作用が確認されてます。どちらも期間は6ヶ月です。

この実験結果は実際に投薬をされた方ではなく、第三者の意見に基づいたものなので、一方的な主張ではないことに信頼性があります。

日本国内でも実験

先に少し述べたように、国外での臨床試験はキャピキシルやピディオキシジルのそれぞれを、物質としてその効果を実験しました。

一方、日本ではフィンジアを実際の製品として、その効果を実験しました。販売元のユーピーエスが協力し、日本薬科大学と共同で試験が実施されました。

その結果は化粧品や医薬外部品などの情報誌、フレグランスジャーナル(2018年3月号)にも掲載され、一躍注目を浴びました。その内容は以下の通りです。
参考元:https://www.atpress.ne.jp/news/160756

フィンジアを実際に24週間使った結果、主にこれら3つ効き目が現れたという結果が出ています。

・髪の毛が太くなった(約12%)
・髪の毛が早く伸びるようになった(約17%)
・一つの毛穴から生えてくる髪の毛が増えた(約35%)
(*数字は公式に発表されてないのでグラフから読み取ったおおよその値です。)

正確な数字が出ていなかったのは残念ですが、使用者の中で実際に効果を感じたという方は確かにいます。髪の毛に対する変化は確かに現れているのです。

これらより、私たちはフィンジアにかなりの大きな効果を期待して良いと言えます。

フィンジアに副作用はあるのか

フィンジアには大きな期待が持てると分かりましたが、その一方で、副作用はどうなのかはやはり重要なところ。

実際のところ、フィンジアにはそもそも副作用の可能性がある成分は含まれていません。しかし、いくつか知っておくべき成分はあるので紹介します。

1.ヒオウギエキス・イソフラボン

フィンジアの成分の一つであるヒオウギエキスとイソフラボンは抜け毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑えます。

フィナステリドと似たような影響があるので、性欲が減ってしまうことや勃起不全を心配される方もいるかもしれません。

しかし、フィアンジは外用薬なのでその作用は頭皮だけです。頭皮以外に影響することはありえないと言っても過言ではないです。

2.辛味成分・カプサイシン

フィアンジにはカプサイシンと呼ばれる唐辛子の辛い成分も含まれています。

これは刺激が強すぎると思われるかもしれませんが、唐辛子を肌に塗るわけではなく、塗るのは医薬品です。痛みは感じないです。

頭皮への刺激が心配な方は、一度パッチテストなどで試してみることをオススメします。

3.ミノキシジル誘導体・ピディオキシジル

ミノキシジルはかゆみ、頭痛、循環器官への副作用が起こることがあります。しかし、ピディオキシジルならその心配は必要ありません。

なぜなら、改良されたピディオキシジルは血圧に影響が起きないようになっているからです。

フィンジアを使用する方は、頭皮の肌荒れなどがなく正常な方、またアレルギー体質でない方ならフィンジア副作用についての可能性は考える必要はないでしょう。

まとめ

フィンジアは今、世界で大注目の育毛剤です。様々な実験からフィンジアが抜け毛予防・増毛に効果があることは明らかですし、頭皮や体への副作用がないことも論理的に示されています。

そんなフィンジアが注目されないわけがありません。あなたが今もし抜け毛に悩んでいたり、将来抜け毛への不安があるのなら、是非一度購入してみるべきです。

個人差があるという方もいますが、そんなの関係ないです。返金保障もバッチリ付いています。

これまで使っていた頭皮用の化粧水や育毛剤は、あなたが望んでいたような効果が見られましたか。

いいえと答えたあなたはこの最新のフィンジアを購入して、臨床実験と同じ4ヶ月間だけ試してみてください。あなたはきっと望み通りの太くて長い髪の毛を手に入れることができるはずです。